雑談

私が昨日の記事の一番最後に書いたのは、

   輝と未沙がしあわせなのに、メガロード01が消息を絶つってくだりが、
   非常に解せないというか、やるせないのです。
   幸せだからこそ、辛さ倍増だわ!
   新作作るなら、是非その辺はなんとかしてほしいと切望します。

なのですが、ぱよぷーさんが『太字の部分に同意!』(注:最後の一行です)
とコメントをくださって、お返事を書いていたら、
えっらい長くなってしまったので、記事にすることにしました。
そんなわけで、以下、私の個人的な見解です。

現在、アニメ見てないし、輝と未沙が一番好きだし、
少女漫画アタマが考えていることなので、そのへん、ご注意くださいね~。



*戴いたコメントにお返事しました。(2/17)(2/19)




マクロスの世界は、三角関係と歌姫だけじゃないと思うのですよ。
中学生当時から『勧善懲悪』『予定調和』『熱血ヒーロー』が苦手だった私を
強くひきつけたのは、出てくる人々の人間味とドラマでした。
地球が滅ぶなんて、イデオンの映画くらいしかなかった。
輝は味方の流れ弾で(ダイダロスアタックの失敗で)撃ち落とされるし、
主人公なのにフラれるし、腕は一流でも、天才マックスにはかなわない。
あの人が出てきたから、もう大丈夫、っていう存在じゃない。
ミンメイの奔放さも、あの当時としては珍しかった。
未沙に関しては、大元の発想はミライさんだそうで、
従来の人物像になるかと思いきや、
ポスターひっくり返して生身の女の子を感じさせてくれて、
一層感情移入しやすくなっていたなあと思います。
なんでもできちゃうけど、恋愛に対しての不器用な生真面目さが彼女の魅力♪
優等生なのに、輝の挑発に乗ってしまうところがいいのです~(#^^#)
他の隊員は、ケンカになる前に巧くさばいてたと思う(笑)
初対面で『オバサン』って言われたのが、引っかかってたのかもね。
そして未沙もミンメイも、育ちの良さを感じられた。
「男の人と遅くまでいると、叔父さんたち心配するから行くね」って
ミンメイ、言ってたもの!!TVでは(笑)
FIRSTにはないけど。残念だ。
(こっちは一筋縄ではいかない、したたかさが魅力だけど。
叔父さんたち、あのチャイナ服ヤバいと思わないんだろうか?
それでも巧くあしらうから大丈夫って信じてるのかな?)

他のシリーズでどういう位置づけになってるのか、よくわからないのですが、
(なんたって挫折してるから!見れてないから!!)
『ミンメイ(伝説)+歌姫+悲恋(三角関係)=マクロス』って公式は嫌だ。
歌って戦いが収まるのなら、戦争なんかないぞー!!
悲恋から、輝がひっぱられるのも嫌だーっ。
トップアイドルとパイロット、たしかに絵になるけど、嫌だーっ。

輝と未沙がのちの記録に出てこないのは、
一市民として幸せに過ごしたからと信じたいです。

三人娘も、玉の輿に乗ったシャミーと、出世したキムはともかく、
ヴァネッサがどうしてそうなるのか、
そして文化を自軍に伝えた「青い風」の三人がどうしてそんなやさぐれるのか、
そこがわからない!!
二部では職を転々としてるけど、彼らこそ市民生活の先輩として、
生活の仕方がわからないゼントラーディ人と地球人の間に入り、
「文化の懸け橋」になれるんじゃないのかなあ。
密談するのに高級クラブってよさそうだから、そっちの線だったら凄く納得なんだけど。
そして今、トーク番組で宮沢りえさんがやってるようなお店だったらいいな~。
キムが取り巻き引き連れて、楽しく飲んでたりして♪

30年前のアニメなのにこんな風に考えるのも、
世の中が変ってしまったからかもしれません。
『女の命令なんて聞けるか!』『あれでも女かよ』
輝のセリフに違和感感じなかったもんな~。
現在の現役小中生に聞いたら、真顔で『なんで?』って聞き返されたもん。

話はそれましたが、新作は60年後の世界らしいですが、
孫とか出てきて「いつもケンカしてたけど仲良かったよ」
とか、そんな感じで消息が分かったら、それだけでいいんだけどな。
あとは、ばーさんになったミンメイが、やっぱりミンメイ(笑)ってかんじであれば、
私は満足です。

そんなスタンスでSS書いていきますので、お時間あるときに遊びに来てくださいね♪



ぶい

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> ゆばさん

でーーーすーーーよーーーねーーー!!
私もヘドバンみたいに首振った(笑)

firstには舞台設定の矛盾の解消を期待してるけど、
ミンメイとシャミーが凄すぎ。
今のお嬢さんに変換すると、ああなるのか(汗)
となると、昭和版の彼女らに、
オンタイムで出会えたことがしあわせだったのかも!
あのミンメイなら、歌の練習なぞしなくても、
生き馬の目を抜く芸能界をのし上がれると思います。
TVのミンメイは天然さで登っていきそうだけど、
firstは計算もあるな(苦笑)
あんな恰好していても、襲われたりはしない度量はありそう。

大きなお店のお嬢さんだから(横浜のね)、
しつけと言うか、立ち居振る舞いとか、
厳しかったんじゃないかなぁと思うのですけどねえ。
なによりあの勲章は、
輝に、ぽーん、って、放り投げてほしかったなぁ(涙)
夜だから窓越しってところが、良かったのになぁ(;_:)

わき道にそれてしまいましたが、
新作には期待はしないようにしているけど、
やっぱり「どうなった!?」って思ってしまうカナシイ習性(-_-;)

ともかく、爆発だけはやめてーーー(涙)
だからといって、ミンメイと不倫して離婚されたとかも絶対やだー!!


って、私も長くなりました(^^ゞ


No title

> VF-4さん

マクロス考察、ありがとうございます!
ガンダムはないけど、飛行機とVFは置いてある模型屋さんがあったなんて。
そこで勧められたということは、
こだわりのある模型屋さんに認められていたということですよね!!
なんかうれしいですね~(*´▽`*) 

そしてVF-4さんのコメントで、
思わず手を叩いた『腕はいいけどヒーローになれない主人公』
ほんとにそのとおりです!そしてそこが好き(*´ω`*)
1話ではフォッカーに「ひとごろし!」とか、輝言ってましたね~。
それでも軍に入ってしまって、二部では軍にいることに悩む姿も新鮮でした。
「雄々しく立った若者は 愛する人を守りつつ 旅立つ日々を戦いひらく」
まさしくオープニングの歌詞の通り育ったなぁ♪

オンタイムで全話視聴という、ビデオもない時代に頑張っていた中学生の私は
最初のころ、作画のばらつきに全然気づかなかったのですよ。
話に引き込まれてました(^^;
雑誌で指摘されていて、ようやくわかったという(大汗)
11話「ファーストコンタクト」の紙芝居の意味もぜーんぜんわからなかった。
作画はしょうがなかったとしても、ストーリーには抜かりがなかった!!
「愛は流れる」で終わらずに、「やさしさサヨナラ」まで続いたからこそ、
意味があったと私は思います。
未沙を助け出して、マクロスを見つけて終わり、ではなくて、
ミンメイに揺れても、未沙とともに生きようとするから、
今でも夢中に語れる作品になりました。

だから、その結末が消息不明ってのが、本当に悲しい。
なんとかなってほしいものです。←再度力説

プロフィール

vt-102

Author:vt-102
ぶい、と申します。
30年前、夢中になった
『超時空要塞マクロス』
WOWOWの放送を見て、
当時の思いが蘇って大変中。

戴いたコメントは、すべて非表示にしています。

SSの目次を「SS menu」としてリンクに張り付けました。
ご活用ください♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム