『ロマネスク』

手首のスナップ効かせて、
ぺちんっ、と輝の後頭部ひっぱたきたくなる『ロマネスク』
現在見ながらこれを書いてます。

前回、大遅刻された上にミンメイ作のマフラーを巻かれて傷ついた未沙、
クローディアと一杯やって、タクシー出る間際に
「一条君によろしくね」って言われてたところを見ると、
それでも許すつもりでいたのね。
心が広すぎる!甘すぎる!!
そして輝の家の玄関で立ち聞きして、そっとドアを閉めちゃう。
乗り込んでいって「どゆこと!」って胸倉締め上げて~っ!!
このときの印象が強くて、劇場版で未沙が輝の部屋のドアを後ろ手で閉めたことに
とても動揺しました。← もちろんうれしくて💛


戦闘が終わって帰り際に「なんでスクランブルがかからなかったか聞いたよ」と
未沙に詰め寄るけど、もうね・・・どの口が言ったのっ!!って
ほっぺをぎゅーーーーっ、つまんであげたいわ( `ー´)ノ
「玄関閉めないと不用心よ」で済ます未沙。
・・・泣けちゃうくらい、いい子だ。
なんかもう切なくて、輝の頭を・・・

この話、一番のお気に入りは軍服の襟をフードにして、雪道を歩く未沙でーす。
かわい💛

こんな風に夜、家族が寝静まった後にビール飲みながら輝に絡む日々もあと一回。
淋しい~(/_;)
録画してあるからいつでも見られるんだけど。
新しい話が差し込まれることは絶対ないと知っていても、
放送中はなんか心が浮き立ちます♪

『やさしさサヨナラ』見たら、また最初から見直そうかな~(#^^#)




* 戴いたコメントにお返事しました(7/11)(15/7/27)(15/7/31)(15/12/25)


スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ロマネスクー

しつこいコメントすみません…。
なんか、降りてきてしまってるみたいで、かくのが止まりません。

ロマネスク。悪夢のロマネスク。最悪のクリスマス。マクロスのSSでは、散々に書かれてますね。未沙ファンには激怒ものですから。

確か、私の記憶で、当時のアニメ雑誌でライターさん達(男性)が、対談をしてまして、

ライターA「先週のロマネスクで、もう
決まった感は、あったよね」
ライターB「そう、そう。未沙なんか、やさ
ぐれちゃってさ。あーあ、
可哀想に。」
ライターA「あのラストじゃ、仕方ないよ」
ライターB「最終回、見るまでもないけど、
せっかくだから、みとこうか」
……そして、30分後、我々は、何も言えなくなってしまった……。


と、いう内容の記事だったと思います。
わーっはっはっは\(^o^)/大どんでん返し!
男性陣は、きっとあの夜コトがあったもの、と思っていたのでしょうね。
あの空白の2年間が、どんな意味をもっていたかも、考えず。
じゃあ、あのキスは、なに?って昔は思ってたけど、今ならわかるなぁ。
昔の思い出に流されて…。だけど、いざ、キスしたら、何か違う!ってなるんですよ。
これは、沢山のSSで書かれてますね。嬉しい〜。


No title

> JUNさん

大丈夫!止まるまで遊んで行ってください!!

クリスマスの悪夢、ってキャッチフレーズつきそうなロマネスク(笑)
あの状況で踏みとどまれる輝は偉い!
・・・が、ミンメイに本気になっても最後は、って
本能が告げてたりして(苦笑)
私は4話『リン・ミンメイ』のラストが、
彼にとって軽いトラウマになってるのではと考えています。
だからあの夜は何もなかったと。
ぶっちゃけ、やってたら未沙を選べなかったと思います。

ライターさんたちの記事をおぼえてる、JUNさん凄いです~!
また何か思い出したら教えてくださいね。

No title

> VF-4さん

私はあのままでいいと思うのですけどね~。
「あやまらないとまずいな」って輝のセリフがあったはずなんですが、
なんか、その辺が好きでした♪

そして、あの回はしまださんの回だと思われるのですが(汗)
美樹本さんの絵はなかったような・・・
最終回もなかった気がする。
ラストシーンは垣野内さんでしたよね♪

4話「リン・ミンメイ」の救出シーンから、
輝はミンメイに対してある種のトラウマを抱いていると思うのですよ。
彼が真剣になっても、「やっだーっ!本気にしちゃった?」
って笑い飛ばされるというか、相手にされないというか、
そういう信頼関係が築けなかったから、
あの状態でもミンメイとはなにもなかったし、
最終的には結ばれなかったと私は解釈しています。
(どこかに書いた気が)
輝はミンメイに甘えられないし、
いいところを見せたいっていう色気がある。
それでうまくいく男女もいるけど、
輝自身が求めていたパートナーとはそうではなかった。
ミンメイには最後の最後は心許すまで行かなかったような気がします。
ミンメイもあの時点では、自分のことが手一杯で、
輝の弱さを受けとめる余裕がなかったですよね。

上手く行くときはどんなことしても上手くいく、っていう、
輝と未沙は、そういう二人なんだと思います。

No title

> VF-4さん

あのとき、ミンメイは18歳。
あの状況で、他人のことを思いやれたら、聖者ですよ。

未沙にとって、輝の幸せが自分の幸せなら、輝がミンメイといたいなら、
それが「未沙の幸せ」ではないですか?
私はそのへん、見解が違いますわ(^^ゞ

私達が10代のころに出会った人たちなので、
すごく大人に見えてますが、
大人にさせられてしまった若者たちなのだなあ、と、
今は思います。

VF-4さんも、夏バテなど気を付けてくださいね~(^_^)/
お気遣いと、励ましのお言葉、ありがとうございました。

No title

> VF-4さん

ロマネスク(苦笑)
当時私の周りには、輝と未沙が好きな、
しかも女子しかいなかったので、
ミンメイひどいねー、輝のばかぁーっ!! 
という反応でした。
うん、マクロス好きな男子はいなかった(苦笑)

戴いたコメントから、
VF-4さんが本当に未沙がお好きな気持ちが伝わります。
30年以上たってもここまでVF-4さんに愛される未沙も、
せっかくのクリスマスに酷い目にあわされた甲斐がありましたね。

プロフィール

vt-102

Author:vt-102
ぶい、と申します。
30年前、夢中になった
『超時空要塞マクロス』
WOWOWの放送を見て、
当時の思いが蘇って大変中。

戴いたコメントは、すべて非表示にしています。

SSの目次を「SS menu」としてリンクに張り付けました。
ご活用ください♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム