近況報告 3月号

スポンサーガイド出しっぱなしでごめんなさいです(大汗)
三月になりました。
春の気配がいいかんじですが、あわせて飛んでる花粉さん。
いい仕事を繰り広げているようで、私の目もなんとなーく始まり始めた感覚。
取り出して丸ごと水洗いしたくなる季節が、刻一刻と近づいております。
そう、花粉症なんです。
でも若いころより楽になりました。
流れるモノを止めない方式にし続けてはや十数年、
体内の「アレルギーのコップ」からたくさんあふれ出て、余裕ができたと思いたい。

アレルギーと打ちながら、ギオルギーを連想するくらいユーリなんです。
そんな私に、ゆばさんからアメイジングなワンフェスのお土産が届き、
両ほほに手を当てて喜んでしまいました。
ありがとう、ゆばさん!
なんとなくらんこさんにも「これか」とあきれられながら笑われていた気もするんだが、気のせい?

「愛おぼ」の特集ぶり、ともかく30年ぶりに自らの意志でアニメ誌買いに走ります。
今月もやっちゃったよー。あはははは、と乾いた笑いを浮かべながら。
それもこれも、あの時の経験から、旬を逃がすとなにもなくなるってことがわかる。
マクロスで培った経験は、30数年たっても私を支える!!

今、書いているのは、随分前から構想していたもの。
頭から引きずり出して、文章に仕立てる作業が巧く行きません。
今までの自分のスタイルに、私自身が飽きてきているのでしょう。
もっと、もっと別な言葉が、いい言い回しがあるはず。
書いては消して、直して放置の繰り返しです。
ユーリに浸りきってるからというよりも、
若いひとたちが一万字を超える作品をすいすいと更新しているのを見るにつれ、
もっと、もっとと思ってしまう。
ネットの世界は玉石混交。
ものすっごい作品がちりばめられていて、嬉しくなってしまうのです。
無料で読んでもいいのか??
文学、小説という分野では、今の時代はレベルが上がっているのではないかと思います。

ユーリは主要キャラが男なので、ネタ的にそっちに流れるのですが、
ところどころでそこを否定する太い釘が刺されている作品なのです。
(と、私は思っている)
でもまあ、そう解釈されてもしょうがないってところもあるんだけど(笑)
二次創作でそっちに寄せると、どうしても人物解釈に無理が来る部分があって、(私はね)
人生、色恋沙汰だけじゃないよなあ、と思うと、自分の創作姿勢も問われてくる。
そして「これ、キャラの名前入れ替えれば、他の二次創作になるんじゃないか」とか考え始めると
なお一層進みが悪くなるわけです。
そういうの、好きじゃないなぁ、俺。なんです。←自分が作るモノに関してね。
我ながらメンドクサイ。

だらだらと更新が止まった言い訳を並べてみましたが、
マクロスの二次でやりたいことはあるけど、表現する技術が足りない。
要はその一言に尽きるわけです。
それでも書きたいから、つたないなりにも、少しずつでも書きつづけます。

そんな近況ですが、お時間のある時に遊びに来ていただけるとうれしいです。


ぶい



*戴いたコメントにお返事しました。(3/20)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> VF-4さん

春ですね~。
黄砂を見ると、「もおーしんきろう なのかもしーれないー」
とつい歌ってしまう昭和な世代です。
ワンフェスは面白そうでいいですよね~。
機会があったら、是非行ってみたいです。

それと、私にとってシェリルというのは、
フォルモッサさんなのですよ。
マクロスの他シリーズはまったくわからないので、ごめんなさい。
ジャンルが、シリーズが好きというより、
ピンポイントに「超時空要塞マクロス」という作品が好きなのです。
そして作品にランキングつけられるのも、
好きではないので、ごめんなさい。

そんなところに毎日遊びに来てくださって、本当にありがとうございます。
更新もなくて申し訳ありません。
はやく次がUPできるよう、がんばります。
プロフィール

vt-102

Author:vt-102
ぶい、と申します。
30年前、夢中になった
『超時空要塞マクロス』
WOWOWの放送を見て、
当時の思いが蘇って大変中。

戴いたコメントは、すべて非表示にしています。

SSの目次を「SS menu」としてリンクに張り付けました。
ご活用ください♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム