SS <together>

ゆばさんの作品『添い寝』を見て、
浮かんで頭から離れなかった話を、
ふっと時間ができて、魔がさしたのでしょう。
勢いで綴って送ってしまった(汗)
そしたらゆばさんちに飾っていただけて、
そのうえ新しいカットも入れてもらって、うわわわわっ!て嬉しくて動揺中です。
ほんとにありがとう~\(^o^)/

そのSSの双子の片割れがこの話になります。
うちにそんな若いお客さんが来てるとは、到底思えないですが、
一応R-18で。
期待しないでくださいね。
いつもどーり、たいしたことはないです。

楽しんでいただけたら、うれしいです。




*戴いた拍手コメント、コメントにお返事しました。(8/5)



 




     <together>





はっきりとした感覚が、眠りを破った。
常に抱いている心細さは、暗闇に強くくっきりとした輪郭を示す。

何度も目を閉じるが、眠りは訪れそうもない。
繰り返しに疲れ、できるだけゆっくりと身体を起こした。
目の前に広がるのは漆黒の空間。月も星もない夜。
焦点を合わせることができないまま、未沙は宙を見つめる。
時が経つにつれ、不安は絶望になる。抗う気力も奪っていく。

「ねえ」
静寂は破られた。
隣に感じていたあたたかなものが動き出す。
大きな躰に包み込まれる。肩に息がかかった。
私はひとりじゃない。絶望はすこしだけほつれを見せた。
喉の奥に詰まっていた重苦しいものが少しずつ溶けていく。
殺していた声が、行き場を求めて漏れ出した。
もうひとつの声が絡まる。
彼も泣いていた。こんな気持ちでいるのは、私だけじゃない。
嬉しさも混ぜ込みながら、感情の動きを止められない。
果てが見えるまで未沙は流される。

聞こえなくなる嗚咽。
未沙は厚い胸に顔を寄せ、鼓動を探す。
ひかる
彼の名前を呼んだ。
規則正しく刻まれる彼のいのちを聞きながら。
体が離され、未沙は彼を見上げる。
濡れた頬。
水気を含んだ睫毛。
自分も今、同じ顔をしている。
未沙がじっと見つめる間も与えず、軌跡をたどるように彼は触れていく。
キスして見つめあう。
彼のまなざしはやわらかいのに、淋しさが滲んでいた。
「輝」
応えはなく、倒された。
熱い息が未沙にかかる。
両手は何かを探すように躰をまさぐる。
それはお互いが求めているもの。
ひとりでは見つけられないもの。

両膝を割られ、息をつく間もなく深く貫かれる。
未沙が啼き、大きく背を反らす。
なんの躊躇もなく、輝は動く。
生み出す波で未沙が悦ぶことを知っている。
それが彼自身にも強い歓びをもたらすことも。
ふたりは溺れる。
息を切らす。
理性のかけらもない声をあげる。


闇が浅くなっていく。
欲が尽きたふたりはようやくまどろむ。
顔を寄せ合い、互いを見つめあいながら。







fin






Spcial Thanks to ゆばさん



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

> まみぃさん

よろこんでいただけて、うれしいです~♪
でも褒めすぎですよっ(大汗)
皇帝にはかないませぬ(-_-;)
ゆばさんの絵が素晴らしかったから、ひっぱってもらいました。
時間を見つけて、ポチポチ書いていきますので、
これからもよろしくです(^^)v

No title

> ゆばさん

そうなの、ゆばさんの絵が元なの!!
なのにしょぼくてごめんね(大汗)

テレビの輝と未沙は、付き合いが長いから、思い出も情もあるけど、
地球放浪中のふたりには、そんな余地もないまま、
生きるために支えあっていたかんじがする。
愛だけが絶対じゃないなあ、って最近思います。
恋や愛以外でもひとは結びついていく。
そこから生まれる愛もあると。
そう思うと、愛おぼも見方が変わって面白さ倍増💛

素晴らしい刺激をありがとうございました。

No title

> mimosaさん

やらしくしてみたいのに、なりませぬー。
ちょっとやってみたい気もするのに、技術が問題?
発想が問題??
両方足りない???←正解

がんばってまた書きたいと思います。
まってていただけるとうれしいでーす。

プロフィール

vt-102

Author:vt-102
ぶい、と申します。
30年前、夢中になった
『超時空要塞マクロス』
WOWOWの放送を見て、
当時の思いが蘇って大変中。

戴いたコメントは、すべて非表示にしています。

SSの目次を「SS menu」としてリンクに張り付けました。
ご活用ください♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム